>

優秀なメーカーが多い

自動運転が使える場所

何度も段階を重ねて、自動運転の技術を進めなければいけません。
最初はAIがハンドルか速度の、どちらかの制御を行います。
それが成功したら、次は両方の制御を行います。
さらに次は緊急事態以外の運転は、基本的にAIに任せる実験をします。
クリアできたら、限られた場所ではありますが実際に道路を走ってみます。

日本のメーカーは、すでにこの段階にまで到達しているところが多いです。
何度も実験を成功させているので、そろそろ次の段階へ進めるでしょう。
次の段階は、走れる道路に制御を設けないことです。
普通に走行できて事故も起こさなければ、ついに自動運転が一般的に使われるようになります。
今はゆっくり、慎重に研究が続けられている最中です。

海外から注目されている

昔から、日本の細かな業者はすばらしいと海外で言われていました。
家電なども、日本製のものが良いと言われています。
車の技術も同じように高く、海外でも日本で作られた車に乗ってる人を多く見られます。
海外でも、自動運転に関する実験や研究が進められています。
ですが、日本と同じレベルにまで達しているメーカーは少ないです。

日本がトップを走っていると言っても、過言ではありません。
海外も日本のメーカーから業者を学んで、自社に活かそうと考えています。
AIが自動運転する車を、全世界が集中して研究しています。
運転するのが苦手な人のために、早く自動運転の技術が完成してほしいですね。
世界中で、車の完成が待ち望まれています。


この記事をシェアする