>

車を止めることが可能

危ないと思ったらブレーキを踏む

AIは、自動で運転してくれますし、危険を察知したら止まったり、回避する能力を持っています。
それでも何らかの不具合が起こって、停止できないかもしれません。
そんなことが起こったら怖いですよね。
しかしどんなに自動運転が主流になったとしても、車にはブレーキが備わっています。
危険なのに車が止まりそうになかったら、自分でブレーキを踏んでください。

そのため自動運転でも、車内で眠ったりしてはいけません。
周囲をよく見て。危険が潜んでいないかチェックしながら乗ってください。
いざという時にすぐブレーキを踏めるように、足を乗せておくのがおすすめです。
ブレーキがあれば、自動運転でも安心できるでしょう。
車の運転が、楽しくなりますね。

運転する際のプレッシャーがなくなる

これまでは運転する時に、事故に遭わないよう前を良く見なければいけませんでした。
ですが自動運転が可能になると、もっと広い視野を持って車に乗れます。
旅行している時に、景色が綺麗な道路を通るかもしれません。
その時は、周囲を見回しながら運転できます。
自動運転になることで、心に余裕が生まれるでしょう。

これまではしっかり前を見て運転しなければいけないということが、プレッシャーになっていた人が見られます。
しかし運転のほとんどをAIに任せることで、プレッシャーから解放されます。
旅行に行ったら景色を楽しめますし、目的地をすぐに見つけられるでしょう。
心に余裕を持って運転することで、今まで知らなかった景色を見られるかもしれません。


この記事をシェアする